読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花咲いたブタちゃん走り ●マンガ・アニメの感想・考察・レビュー●

毒舌・批判・絶賛あり。作者さんの意図とか考えを想像するのが好・き!

7/21 ハンターハンター感想 レオリオはバトルでは活躍しない、ジンの不安定なキャラクター

ジンの才能、ジンの人柄をアピールしながら、
ジンがNO.2に認められ、
パリストンとの対立構造が明確になる、という回でした。
 
ジンがレオリオ技を披露するところは見どころでしたが
ジンとミュヘルの傭兵あーだこーだはイマイチだったな…
それしかなかったとは思いますが…
 
やっぱりそこは、私がなんでジンがNO.2に固執するのか
イマイチわかってないからでしょうね。
これから、NO.2設定がうまく働くんでしょう。
 
 
■ジンがレオリオ技を披露したことについて
 
これで思ったのは、今後、バトル展開において、
レオリオは活躍しない!ということ!(T_T)
 
こんなとこまでタネ明かしされちゃったら、
作中でレオリオが能力披露したところで、
読者びっくりしないじゃないですか~。
 
まあ、念のエキスパートばかりのこの状況で、
今更レオリオがバトルではりあえるとも思えないので
ここでタネ明かしするというのは斬新でいいな…
とは思いましたが。
 
レオリオはやっぱりサポート班にまわるのかなー。
 
回復役ができるといいんだけど。
オーラを回復促進系に変化させて患部に放出するとか。
 
 
今は地味な想像しかできないのですが
面白い役回りになるはずなので楽しみです!
 
 
 
 
■冨樫先生は、まだジンを描き慣れていないのではないか…
≪外見≫
ゴンにヒゲ生えてるだけの時があって
少年顔にヒゲ…というひっかかりや
たれ目になったりまだ不安定だし…
りんかくがなあ…子供のりんかくなんだよなあ…
変だよなあ…(ちょっと個人的ですけど)
 
 
≪内面≫
悪い父親なのに主人公サイドになってしまったので
悪印象キャラにすることもできなくて…
結果、いろいろな一面を出しながら
今後の軌道を見計らっている感じですかね。
 
悪い父親だけど良い人間、というのは
冨樫先生も父親である以上描きにくい部分なのではないでしょうか…。
 
 
結果、
 
5本の指に入る念のエキスパートで
三つ星にもなれるのに申請していなくて
でも十二支んで、
でも基本はほぼ放浪していて
仲間想いだけど家族は放棄していて
人の思考を読むのが得意なゲームのプロで
だけどぶっきらぼう。すこしシャイ。
理屈より先に言葉が出てしまう。
 
という、設定てんこもりなよくわからないキャラに。
 
 
 

■ミュヘルの美味しいビジュアルについて
 
おお、なんか女子ウケしそうなキャラだぞ。
と思いました。
釣り目のエルフ耳で、性格的にも安定感のある普通の男らしいキャラ。
 
内面はさておき、こんな美味しいビジュアルなのに、
これまで出てこなかったのが意外でびっくりした。
 
幽々白書時代からいなかったよな…。
 
他の漫画なら主人公サイドはれちゃうぞコレ。
ジンが主人公として、主人公サイドになるってことかな?
ゴレイヌさんがこんなビジュアルだったら、
大人気キャラになっちゃって、
その後出てきません。なんて展開は許されなかったと思う。
 
 
私のツボなだけでしょうか?笑
 
 
RPGでこういうキャラクターいたら、
絶対パーティからはずさないな、わたしは。笑
 
 
 
 
ところで、今週はあまりにも絵のカキコミとトーン処理がきれいだったので、1ページ目を見た時「レベルEか!?」と思いました。笑
 
来週、載るよね?
そろそろ話が大きく動きそうで楽しみです。