読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花咲いたブタちゃん走り ●マンガ・アニメの感想・考察・レビュー●

毒舌・批判・絶賛あり。作者さんの意図とか考えを想像するのが好・き!

7/28 ハンターハンター感想 三つ巴ではない、レオリオが会長になった理由

ハンターハンター マンガ 冨樫義博
​今週の感想。
 
来週は休載ですか…
8/11が楽しみです。
そして次は8/25なんですかね…
9/1なんですかね…
 
まあずっと休まれるよりはずっといいです。
 
それにしても、今アニメではアルカ争奪戦していますが
9月末で終わるんでしょうか。
パリストンや暗黒大陸編には触れずに終わるのかな?
アニメは異常にテンポが悪いし愛情が感じられないので微妙だな。
 
 
 
暗黒大陸編は三つ巴ではなく、超複雑型群像劇になる?
 
王子サイドのお披露目と
十二支んの内通者発覚の回でしたね。
 
一見三つ巴に見えますが、
利害はわりと一致するのかな?
 
十二支ん: 何か持って帰ってくること
ビヨンド: 行って来ること(本当の目的は不明)
王子: 生き残って帰ってくること(そして他の王子達を殺すこと)
 
 
 
単純にバトルになるわけではなく、
目的が“微妙に異なる”複雑な群像劇が交差するなかで
何を自身の目的とし、
何を優先し(第一・第二順位は変わらないとしても、
何を第三・第四順位とするのか)、
何を捨てるのか。
 
仲間内でも確執が起こりそうな感じです。
 
 
そもそもビヨンドチーム内でもジンとパリストンが
対立してますし、その二人とも元十二支んですからね。
 
 
その決断を最も素早く・的確に行えるものが生き残る…
そういう話になるんじゃないかと思うんですけど。
 
ちょっと珍しいストーリーかもしれませんね。
あるかな?
 
 
 
しかしこのシリーズ終わったら、
ハンター協会の立て直し大変なんだろうな…
十二支んとかほぼいなくなってそうだし…。
 
 
 
 
●レオリオが会長になった理由
 
正直、「なんでレオリオが会長になったのか」は
ずっと腑に落ちていなくて。
 
だって普通、ルーキーがなりますか?
そもそも、強くもないし何の専門もないですよ。
きっかけも、みんなの前でジン殴っただけだし。
あの演説だって、青臭い小僧の衝動的発言だったじゃないですか。
いくらマンガとはいえ、説得力ないけど~~。
 
 
…と思っていましたが
今回少し納得したのは、クラピカの
「あいつがいる分、ずいぶんと気が楽だ」というセリフ。
 
「顔見知りのレオリオがいて…」とか
そういう意味も含まれているのでしょうが、
「ああいう裏のない人物がいて」という意味も大きかったかも
しれないですね。
 
 
読者的にも、あれほど裏のある人物が錯綜するとなると、
ついていくのも一苦労なのですが、
だからこそレオリオやゴンのような、シンプルで
素直なキャラクターが魅力的に感じられます。
 
 
3陣営をそれぞれ魅力的にするためには、
ハンター協会サイドがいまいち地味だし
選挙編でネチネチしちゃいましたからね。
 
とはいえゴンがしゃしゃるのも不自然だし、
ゴンとキルアはスキル的成長をグリードアイランド編と
キメラアント編で見せられているから、
今度はレオリオとクラピカの番、って感じですかね。
 
 
あと、個人的に思ったのは、
現実でも、政治家とか協会会長とか
大手企業社長とか、クリーンな感じがしないじゃないですか。
 
(全員がそうじゃないけど、うだつのあがらないおっさんて
多いですよね。会見とかでも、「なに?その責任回避のための
遠回しな表現は…。そういう発言のほうがよほど自分の
株を下げるって思わないの?」みたいな…。)
 
その地位につくためにはキレイゴトだけじゃだめってこと
だとは思いますが、結構うんざりしますよね。
 
レオリオみたいなのが会長なのは、すごくリアリティないですけど、
だからこそ大人の世界にイライラしている読者からすれば
スカっとするのかもしれない。
 
「大人はかっこいいもの」「気持良い大人でいたい」という
メッセージは、今回のテーマが「大人の世界で、いかに
楽しみながら自分の意志を実現させていくのか」である分、
発しないと、すごく気分の悪い話になってしまう。
 
(それこそ、ヤンジャンとかヤンマガでありそうな…)
 
 
子供のカタルシスというのは、
すんごく嫌な奴が出てきて、ためてためて、ぶちのめす!!
だと思うのですが、
 
今回のレオリオは、組織的閉塞感に対する
大人のカタルシス装置になりそうですね。
(エッチな意味ではないですよ。笑)
 
 
 
 
冨樫先生、休みがちでバッシングも多いですが
「ストーリーの新構造」というものを
創造したいんじゃないのかな、というくらい
難しいコンセプトに立ち向かっています。
 
エンターテイメントも随分フォーマット可して
メタのメタの量産みたいになってきてしまいました。
 
是非時間をかけながらでも、
新たな風穴を開けてみてほしいです。
 
 
ではまた再来週~(T_T)