読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花咲いたブタちゃん走り ●マンガ・アニメの感想・考察・レビュー●

毒舌・批判・絶賛あり。作者さんの意図とか考えを想像するのが好・き!

8/11 ハンターハンター感想 少年漫画性と大人漫画性

 
あれ?11日号でいいのか?18日号?
とりあえず、16日に読んだのでその感想です。
 
 
まず、「めっちゃ後ろのほうだな…」と思いました。
今もジャンプって掲載順位、アンケート結果を
加味してるんでしたっけ?
入稿順?
なんにしても実質上、一番後ろ。
 
まあ、わかります。
前回もですが、今回もスーパー説明回。
私もサラーッとしか読んでないです。。。
 
 
少年漫画誌に対して反抗してんのかなとか
ちょっと思っちゃいましたね笑
 
 
■冨樫先生の画風 少年漫画性と大人漫画
 
私前、「これからのハンターハンターは、
少年の成長物語ではなく、大人としての成長物語」
みたいなこと言いましたが、
それを少年漫画誌でやるっていうのは
ちょっとした矛盾ですよね。
(実際はそんな区切りないので別に矛盾でもありませんが…。)
 
 
話脱線しますけど、夏目房之介さんが以前
冨樫義博は漫画文化において、
少年漫画性と大人漫画性を混在させた作品を描いて新しい」
とか言ってたんですよ。テレビで。10年前くらいかな…。
 
当時の私のレベルの解釈だと
「絵が幽助や小兎ちゃんみたいな“少年漫画”チックな絵と、
 トグロ兄や仙水みたいな写実的な“大人漫画”風な絵が
 まざりながら共存している。これは実は新しい。」
みたいに受け取ったんですが…。
 
 
もともと冨樫先生は両面描きたいタイプなんですね。
 
 
(というか、分けること自体がナンセンスなんですけどね。
「大人になる」というのは、成長型主人公であれば
避けられないですし…。
昨今のジャンプは長期連載化させるために、
「成長しない主人公」または「成長不全を起こす主人公」
になっちゃってますよね。
ワンピースなんかはあえて「成長しない主人公」に
しているんだと思いますが。
 
 
少年漫画と大人漫画のカテゴリ分けって、
規制レベルと、規制までいかなくとも考慮される
リテラシーレベル、読者層のターゲティングくらいのものですよね。)
 
 
 
■さて、感想です。
 
今回の見どころは、サイユウの能力説明と
カキン王子達の顔出しだったかと思います。
 
カキン王子、ページめくるたび「まだいんのかよ」と
思いましたね…いっぱいいましたね。
個人的には最後の小さな赤ん坊の王子の
物語機能が気になります。
 
そんくらいかな~。
 
 
ここのとこ説明回だったから、
今週くらいからガーッと話が動くんかな~と思ってたら
今週も説明回でしたね。
 
来週こそは…!
 
 
あれ、最新刊はいつ出るんだろう。
まだオープンになっていないようです。