花咲いたブタちゃん走り ●マンガ・アニメの感想・考察・レビュー●

毒舌・批判・絶賛あり。作者さんの意図とか考えを想像するのが好・き!

​週刊少年ジャンプ 2015年4月6日発売号 食戟のソーマ 感想 スペシャリテ(必殺料理)とは何かという考察?

週刊少年ジャンプ 2015年4月6日発売号 食戟のソーマ 感想


スペシャリテ(必殺料理)とは何か

の片燐が見えた回でしたね。


いやしかし、本当に面白い漫画ですね。
私の中では、「今、文句なしに面白いマンガランキング」TOP3に間違いなく入ります。(あとの2作は進撃の巨人とクオ・ヴァディスです)


アニメ1話も見ましたけど…
すごい下品でした。

漫画1話より明らかに下品よりでした。まあ…アニメだしあればあれでいいのかな…と思いますけど、あのオ下劣アニメの後に「スタジエール編」を読むと、「なんとう真剣料理漫画なんだ…」と驚きましたよわたしは笑


■四宮シェフが東京に支店を出した理由

「原点を見直すため」ということでしたね。

なんとなくそうだろうとは思っていましたが、自分が予想する中ではいまいち動機が薄すぎてちゃんとイメージできていませんでした。
でもそこで今回のエッセンスになったエピソードが2点。

●日本料理とフランス料理は対極である
●ゴボウは世界に野菜と認知されていない(忘れられた野菜)



●日本料理とフランス料理は対極である

これ、わたしはよしながふみの「愛がなくても喰っていけます。」で読みましたね。

今回アベルさんも言っていましたが
「日本料理は、素材を最大限活かすために、例えば塩ふりなどの味付けは“最低限”しかしない。」
「対してフランス料理は、素材を最大限引き出すために、味付けを、“これ以上はやってはいけない”というラインギリギリまでやっていく」。



●ゴボウは世界に野菜と認知されていない(忘れられた野菜)

これも何かの小説で読みましたね。日本軍は「美味しいよ」てな気持ち(だったのかはわからんが)でゴボウを食糧として提供したのに「木の根なんか食えるか!」と国際問題になったという。

余談ですけど、インドと日本のマナーも全然違くて(例えば日本では靴を脱いだらそろえるのが美徳だったりしますけど、インドだと「汚ッ!!」という無礼な作法らしい)、文化って面白いけど、それゆえに複雑ですね。文化は絶対あってしかるべき、というか、できてしまうものなので、結局平和的対話をするためには、ガンジーのように「相手の文化を理解して尊重」するしかないのですよね。



話を戻しますけど、わたしはこの「日本料理とフランス料理は対極」ということと「ゴボウが木の根と訴えられた歴史」を知っていたのに、全然今回の四宮先輩の考え方には辿りつけなかった。

知っているだけではだめだ、という話。



さて、四宮シェフが、この大事な時期に東京に支店を出した理由。
「原点を見つめるため」。

つっても原点とは何ぞや。


対極である「日本料理」と「フランス料理」。
この二つを、日本人の感性で融合させ、
野菜の旨味を最大限活かした「オリエンタル・フレンチ」を創造する。


それが四宮シェフの「スペシャリテ」。

ってことなのかな?まだ明示はされてませんけど。

すんごく納得できました。



■葉山アキラのスペシャリテ

「サンマのカルパッチョ」。
香りを操った一品。

スペシャリテとはそもそも「作った料理人の顔が見える一品」。

葉山は香りのスペシャリストとして、
「足す」だけではなく「引き」、そして「強調」した。
洗練させた。


ソーマや黒木場は得意技(?)を爆発させはしたが
まだ洗練…研ぎ澄まされてはいない…そんなイメージでしょうか。



■ソーマのスペシャリテ

じゃあソーマはどこに行くんだろう。
「未知の荒野を歩いていきたい」というのは誰でも同じだし。

やっぱり大衆の、
「誰もが美味しい」と思える料理
(セレブだけ、じゃなく老若男女誰でも味わえる、美味しいと思える料理)
とかになるのかな?

それを、いわゆる「日本の家庭料理」的なメソッドだけでなく、
世界中の様々な調理方法を取り入れながら、
でも大衆が美味しいと感じられる
「進化系大衆料理」を目指す…

みたいな感じかな。


2巻の極星寮での櫻井先輩…じゃなくて一色先輩とのバトルでも、
鰆のお茶漬けで、フレンチのポワレ技法を入れていたし…。

美作とのビーフシチュー対決でも、筑前煮の考え方を洋食であるビーフシチューに取り入れていたし。



ソーマのお父さんも世界中を旅した情景が思い浮かぶ料理を作っていたし。

まあ、妄想ですけどね。



■ソーマの作るコンペ一品は?

そこでいくと、ソーマの「大衆料理+世界の調理方法」という組み合わせは、四宮シェフの「日本素材(技法)+フレンチ」とかぶる部分があります。

それでソーマが新たな一品をコンペに出して、四宮先輩が「なるほど!この日本のやり方とフレンチはすっごく相性がいい!」みたいな気付きができて、「画期的~~!」みたいになるんじゃないかな~~~。

まあ、そのタネ明かしがされるのは、4/27発売号(3週先)くらいかなあ。あああ、楽しみ~~!!!!