読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花咲いたブタちゃん走り ●マンガ・アニメの感想・考察・レビュー●

毒舌・批判・絶賛あり。作者さんの意図とか考えを想像するのが好・き!

今週の(2015年4月27日発売号・合併号)週刊少年ジャンプ感想

今週の(2015年4月27日発売号・合併号)週刊少年ジャンプ感想

合併号…来週ひまになりそうだ…。


■ワンピース
今回はわかりにくくなかった!

今回のあらすじはルフィのギア4がすごい、優勢だ、という展開でした。
いつも1話の中で展開が二転三転するからわかりにくいんだけど、
今回はシンプルで非常に読みやすかった。


ただ、ルフィの攻撃がどれくらいドフラミンゴへのダメ―ジに
繋がっているかはわかりにくかったな。

「ルフィの技のすごさ(予想外さ、ギミック)」は
ドフラミンゴ自ら解説していましたが、
ドフラミンゴがもっと

「今の一発で足の骨にヒビが…!
 もう一発同じ箇所にくらったら、足の骨が折れてしまう!!」

的なダメージ解説もさせられれば、
ルフィの攻撃が“効いてる感”が出るんじゃないのかな。



★連載していると顔が長くなるの法則。

ブリーチなんかがめっちゃわかりやすい事例ですけど。

はじめ中学生が、高校生になるにつれ大人らしい顔立ちになっていく…のはよくわかりますけどね。


いや、
ラスト、新生ソーマの「なんか違うな感」が出ていたじゃあないですか。

スタジエールを超えて成長したソーマ。

でも絵的にはどうやって「なんか違うな感」を出したのかな?と。

その結論が


「ちょっと顔が長くなったんじゃないか」…


ということなんですけど、ちゃんと計ってないからわからないですけど。

あと、

「前髪が伸びた」

というのもありますね。確かに前髪長いほうが大人っぽいですよね。

他なんかあるのかな。



★スタジエールで登場した面々には何か意図が?
・黒木場
・極星寮の二人組
・イサミ
・いぶさきくん
・田所ちゃん
・にくみ

どういうメンツなんだろう。
意味がないとは思えない。

逆に出てない組でいうと
・タクミ
・悠姫ちゃん
・榊さん
・丸井くん
・アリス
・葉山
・その他…


※ちなみに北条さん(中華料理)と貞塚ナオ(煮込み料理)は、味つけや調理方法がワンパターンになりがちだからもう出ないんじゃないかなと勝手に思っている。


これまでの流れとして、新章は「スペシャリテ編」になると思われる。
スペシャリテのためには自分を見つめ直すこと。
そして人から奪うこと。

この二つが必要だということが、スタジエール編で明かされました。

人から奪う、ということは、人との出会いが必要。

ここで人と出会おうとしないえりな様の弱点が露見するわけですが…


今回スタジエールで顔を出した面々は、「出会うフラグ」のある人々かな?と。


・黒木場→ アリス(相手として認識する?)
・極星寮の二人組→ 悠姫ちゃん?
・イサミ→ タクミ(兄ではなく相手として認識)
・いぶさきくん→ 榊さん
・田所ちゃん→ ソーマ
・にくみ→ ソーマ


葉山はもう汐見教授がいるからいいとして、丸井くんはどうなるんだ…



■ナルト外伝
岸本先生が週刊連載の闇に飲まれずに描いた本作。期待しています。
絵や話は非常にスマートで良かったです。

けれども心配な件が二点。


★「かわいそう話」がまたワンパターンになりはしないか。

「ナルト」では「愛してくれる人がいない(家族の不在)」という「かわいそうさ」しか描かれてこなかった。

「かわいそう」のパターンはもっといろいろあっていいんじゃないかなと感じたものでしたが、今回もまた同じパターンなのか?というのを少し心配。


★「ナルト」で描かれてこなかった絆
サクラとサスケの絆がよくわからんので、サラダの「お母さんて、本当にお父さんの奥さんなの?」という指摘が痛烈なものになってしまっている。

本筋なら、今回は次世代の物語なのでそれは子供のたわごとであるべきなんだけど、読者的にはサクラとサスケのエピソード補完がないと読みにくくなってしまっている。
(でも今回は次世代の物語なので、そのエピソードはあってはならない)


映画でやってたのかな?
ナルトとヒナタならわかるんだけどねえ。



■特別読み切り えりな様のおもてなし
絵をもっと元作品に似せたほうが良かったのかな?と少し思ったり。
ワールドトリガーは似てた)

パっと見誰かよくわからなかったな。千棘ちゃんはさすがのキャラクターデザインだったけど。

「実際のナミさんがああなってる」みたいなほうがエロいんじゃないかな~と思ったりしつつ、

結局「キャラ単品」というよりはその作品全体の「世界観」がキャラクターをキャラクターたらしめるのか?

などといろいろ考えてしまった。


これはきっと物議をかもしたのだろうなあ。その結果が今回の結果ならやっぱり正しかったのかも。元作品のイメージを壊しすぎても良くなさそうだしなあ。





■トリコとかブラッククローバーとか…
とにかく字と登場人物が多いなと思った。

ワンピースっぽいなあと。

「字と登場人物が多い」のは、他の作品でも多くて、いまの流行りなのかしらん?今の子供はそのほうがいいのかな。

私なんかはザっと読んでしまうので、字は少ないほうがいいんですけど…。
(読み易ければ字が多くてもいいんですけどね。ハンターハンターは読みやすいです。あとこち亀久米田康治作品のようなやつは、読み物として逆に好きなんですけど。)


学級法廷なんかも完全に字が多くならないわけがないコンセプトですよね。ある程度子どもウケをマーケティングして生みだしたコンセプトなわけなので、そうなのかな~。


ブラッククローバーなんかも、無駄に字が多い…銀魂風というか…。

文字じゃなくて絵で読める漫画がもっと増えたらいいな~と思います。