読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花咲いたブタちゃん走り ●マンガ・アニメの感想・考察・レビュー●

毒舌・批判・絶賛あり。作者さんの意図とか考えを想像するのが好・き!

電子書籍の​良いところ悪いところ

電子書籍の​良いところ悪いところ。

改めて思ったのでちょっとだけメモ。

……………………………………
アプリ:キンドル、book live
……………………………………

かれこれこの半年だけでも
毎月40~70冊、2~5万円ほど使っております。。。

数えてみて「えっ?そんなに買ってる?」って感じなのですが…
明細はそうなってました。


(主に漫画です。)

――――――――――――――――――――――――

■よいところ

持ち運び便利!これはスーパーいわずもがななんですが。

★口コミがある!
これは意外にでかいことがわかりました。

従来パケ買い派だった私ですが、
いまはだいたい口コミみて買ってます。

表紙みて「ないなー」って思っても、
口コミで自分と相性良さそうな読者が
自分好みなオススメをしていると、
「とりあえず買ってみるか」という気持ちになります。


この後別記事で紹介したい
魔法少女プリティ★ベル」は
口コミがなければまず購入しませんでした。

(そもそもこの作品は表紙サギすぎる…
内容を伝えるよりも、作者の描きたい絵が優先されている気がする…。
いや、むしろ本気で表紙サギしようと思ってるのかもしれないけど。)



★本棚に置きたくない作品も集められる。

これも「魔法少女プリティ★ベル」がまさにそうですね…
最新18巻が発売したばかりですが…。

正直2015年で一番の収穫だったのですが
絵があまりにも萌え系でエロありだし思想的なので、
もし私が友人宅に赴き
パラっと見たら、引くかもな…と思うわけですよ。

他にも最近のお気に入りはこやまゆかりなので
不倫モノが好きなわけじゃないのに不倫モノばかりになってしまったり、

エログロものとかアニメのコミカライズとか

そんなんばっか並んでる本棚…オタクすぎますよね…。

家族にも見られるの恥ずかしいレベルの本が集められるので、
良かったな~と思います。



――――――――――――――――――――――――

■わるいところ

紙発売の2週間後だったり、1年後だったり、
最新刊が出た後だったりするんですよね…。

こっちとしては紙の発売日しかチェックできませんから、

「おー!○○の最新刊、明日だ!」

と思っても電子版には無いんですよね…。


電子版にするのって、400ページでざっくり10万円くらいあれば
できるのかな?と思うのですが
(業者のHP調べ)

そんなにネックになりますかね。

まあまず、紙はコストかかっているから、
そっちからはけさせたいのはわかるけど…。



しかも、「わたしたちは繁殖している」シリーズ、
14巻まで出ていますけど、
なぜか12巻だけが電子版ないんですよね…。

(14巻も最新刊なのでまだ出てません)

結局アマゾンで買ったのですけど、あれは分厚かったから、
規定から漏れちゃったとかなのかな?


そのへんの事情はあるにしろ、
量の品ぞろえはともかく、
輸入速度は微妙な品ぞろえな状態です。


電子化待ちきれない漫画だったりすると、
結局紙と電子で2冊買っちゃったりするんですよね。

できれば1冊で済ませたいものです…笑