読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花咲いたブタちゃん走り ●マンガ・アニメの感想・考察・レビュー●

毒舌・批判・絶賛あり。作者さんの意図とか考えを想像するのが好・き!

漫画案?メモ 日本の洋館に住む一族の家庭内ミステリー


​もうひとつ同時並行で(??)夢を見ていたのでそちらもメモ。


日本の洋館に住む一族の家庭内ミステリー​みたいな感じだった。

(これもちょっとアドベンチャーゲームぽかった。
 メガテン1とかクロックタワー2みたいな…、
 チープすぎて不安感あおる感じの。笑
 最近全然ゲームしていない上、基本RPGしかしていないのになぜ。)



序盤でその家の末っ子の小さな女の子(外見は日本人だけどアリスみたいな感じ)と、
おもちゃがいっぱいの、裕福な家庭の子供部屋で遊んでいる。


その後いろいろあって、

ストーリー的にはその女の子を、その一族のルールから守るために
一族の闇をあばく~的な方向なんですけど、

後半どんでん返し的なものがあり、
(何かは不明・・・)



​一族のルールを遂行する側にまわることを決断。

それがその女の子のためでもある…という信念をもって。




で、そのはじめの子供部屋は実は地下の隠し部屋で、
女の子しか知らない、女の子にとって大事な秘密の部屋。


一族のラスボスである「お父さん」は、その部屋をずっと探している。


自分は、女の子に友達と認めてもらえたからこそ
その秘密の部屋の存在を教えてもらったのに、

「お父さん」に言われ、
心苦しい想いがありながらも、
信念によって、その秘密の部屋の鍵と場所を、
「お父さん」に教えてしまう…。




というところで目が覚めた。​






​これは、​書いてみて気付いたけど、
現実とちょっとリンクしているな。

会社で、後輩の女の子が悩みを打ち明けてくれたけど、
正直私はその後輩の女の子よりも、
組織のほうが大事だった。


(もちろん、組織より大事な後輩もいるんですけど。)

(ま、結局その子が楽しく仕事できないと、組織がうまくいかないので、
 結局やることは変わらないんですけど。
 でももし組織より大事な後輩が相談してきたら、
 組織のマイナスど外視で親身にアドバイスできるかの違い。)


その子は「他に打ち明けられる人いないんです」と信頼してくれたようだったけど、
私としては完全に仕事として話を聞いているので、
その子がこういう私の考えを知ったら、多少は嫌な気持ちになるんじゃないかな…

ということを思い悩んでいたからだな。




これは漫画にできそう。
全5巻くらいで誰かにまとめてほしい。。。
できる限りファンタジーじゃない感じで。





月姫のことも、考えていないんだけど、
一瞬リメイクどうなったんだろ?とか考えていたので、
それとまざったのかもしれない。笑


かしこ。