読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

花咲いたブタちゃん走り ●マンガ・アニメの感想・考察・レビュー●

毒舌・批判・絶賛あり。作者さんの意図とか考えを想像するのが好・き!

​今週のジャンプ感想 (2016年7月11日発売号) 作品のシンボルについて

​今週のジャンプ感想 (2016年7月11日発売号)


(ハイキューが巻頭)


■ブラクロ
2番目なのか…つまんなくはなかったけど、
スカスカなほどうけるのかな…
抵抗やストレスやショックがないからなのか…



■鬼滅
お、なんか上位に…!
あのやかましいキャラがギャグをやってくれるからなのか、
単純にバトルが増えてきたからなのか。

バトルのドキドキ感はある。
ギャグ​は、入れてほしいと思ってたけど、
無理やり的な痛々しさがあるが、読みやすくなった。

独特の雰囲気があるから、応援している。



■ソーマ
はあ…つまんないと思い始めてから上位に来るんですか…。
まあ、1年組がドヤって活躍するのは一定のカタルシスはありますけど…
あれですかね、初期のドヤ展開になぞってんのかな。

それこそ初期はギャグだったからいいんですけど、
今はストーリーものとして見ているから、違和感あんのかなー。

キャラは死ぬほどいいけど、舞台設定がガタガタなんだよな。



めっちゃ面白かった…笑
こういう、島耕作+ギャグみたいな漫画はもっと増えていいと思うけど、
まあ、二番煎じになるか…。



■サモナー
良かった、はじめ、シリアス展開になっちゃうのかなと心配しましたよ…
でも内容的には整理されてない感じが。無駄なコマも多かったし。
難産だったのかも。



■たくあん
確かに、日常ギャグなのか、シリアスなのかラブコメなのかさだまってなかったので、
そろそろ話の軸きめないとですね。



■背筋
う、やばいこういう展開!
そうだよね、やっぱりこれまでパンチにかけていたのは、「見どころ」が少なかったかもしれない。

まえ、「葛藤があれば」と感想に書いたけど、今回は見事にリオちゃんと恵ちゃんの葛藤が描かれていたので、ギュっときた!

これまでは、素直な良い子たちの日常的成長だったからな。
わたりさんの葛藤とかはちょっとあったけど、あれはストーリーの本軸ってよりは関係性構築イベントっぽかったし。



■もののふ
悪い意味で注目中のこの作品。
今回、打ち切り感出てましたね。
なんの伏線も理由もなく、ただ想いだけで能力ステータスが変化するという。

心象風景がもう。

ふるくせーというか。




で、ここから思ったのですが、やっぱり面白い漫画って、
「新しいシンボル」が必要なんだなと思ったんですよ。


20年前なら「海賊」「忍者」「死神」で良かったんですけど。

いまは「ヒーロー×学園」とか「料理×学園×ラブコメ」とか、
複合的なテーマが必要。

進撃の巨人は「巨人」のみですが、スケール感が新しかったのでこれで良いのかなと)



それでいったら、「将棋」なんて死ぬほどやりつくされているわけで。
「将棋×??」と考えると何もないんですよね。

不器用な主人公、という設定は悪くなかったけど、読み切りでしか拡がらないテーマだったかもしれない。



背筋は「ダンス(ラブコメではない男女のパートナーシップ」は新しいなと思っていたんですけど、最近やっと「×葛藤」が入ってきてくれたので、グンと面白くなった感じがします。



ハンターがないほうが、他作品のことを考えられるという皮肉。


はあ…。


いそべは、だんだん苦しくなってきたのかもわからんな。


さいきくすおは、全然面白くないと思ってたけど、コミックス7巻くらいまで買ったら面白かった。単行本向きなのかもしれない。


かしこ。